個人的な美容師の立場から書かせていただきます。あくまで個人的な感想なので良いも悪いも宜しくお願いいたします。

シャンプーの話題に戻りますと前々回に洗浄剤が重要だとお話ししましたが重要なことをこれから丸重とします。。。。。無駄に画像を作ってみましたが(^_^;)

さて

洗浄力を決める洗浄剤には高級アルコール系、石鹸系、アミノ酸系、ベタイン系、スルホン酸系、ノニオン系があります。シャンプーの洗浄剤はこの成分の分量で各社作っていると思います。ですので一概に良い悪いは決められません!ここ丸重だと思います。

よく製品を購入すると後ろのパッケージに成分が書いてあると思いますが大体成分の多い順に書いてあります。

 

高級アルコール系『石油系』

ラウリル硫酸Na

洗浄力が高く肌への刺激が非常に強いです。オイリー肌や匂いが気になる時は効果的です。がもの凄く強いのでフケ、痒み、抜け毛などの原因となることがあります。安価な成分なので洗浄力も強いので一般的なシャンプーでは使うことがおおくあります。

ラウレス硫酸Na

ラウリル硫酸Naよりも分子が大きいので、肌には多少低刺激になっています。ただし、アミノ酸系やベタイン系の洗浄成分と比べると、非常に脱脂力も刺激も強いので毎日シャンプーするには強いです。こちらも一般的なシャンプーによくみます。

上記の2つの成分は洗浄力がもの凄く強いため毎日シャンプーするには強過ぎます。オイリー肌の人や頭皮の匂いが気になる時は一時的に使うのはありだと思いますが毎日シャンプーして血行が良い状態を作るためには向かないと思います。が若干入っているのは問題ありません。あくまでメインで構成されているシャンプーの話なのでよろしくお願いします!

石鹸系

ラウレス-4カルボン酸Na

カルボン酸と酢酸で作られた弱酸性の石鹸系の洗浄成分です。低刺激で高い洗浄力を持つとても良い成分だと思います。但し脱脂力が強いので敏感肌、乾燥肌の人には向きません!痒みが出る場合もあります。皮脂が多いオイリー肌の人には良いと思います!一般的な健康な髪肌むきです。

ラウレスの表記で良く数字が書いてあるのですが数字が大きほど低刺激になります。
よく弱酸性のシャンプーなどに配合されていてサラサラ系のシャンプー剤になります。

一般的に高価な洗浄剤なので一般的なシャンプーには使われていない傾向があると思います。

またここから長くなりそうなのでごめんなさい(笑)

仙川美容院ラクール

前へ

次へ